栄養素を語らない管理栄養士 ふじいくみこ


最新情報

 ●PHP研究所 雑誌『PHPのびのび子育て』の取材を受けました。(2016.8.1)

「幼児の食のお悩み」に関してお話しさせていただきました。

詳しくはこちらから→

 

 【残1】9月7日(水) 

簡単!安心!安全!ママも食べれる幼児食の料理教室

詳しくはこちらから→

 

9月14日(水)

クレオ大阪子育て館よりご依頼を頂きました。

【子育て支援セミナー】離乳食講座~3回食を始めるその前に不安を解消しよう!~

詳しくはこちらから→

 

スカイプ版「離乳食講座」行っています。

「ママのせいじゃない!赤ちゃん主体で考える、目からウロコの離乳食講座」

詳しくはこちらから→

 

個別食事相談(出張)でも離乳食の相談を受け付けています。

「離乳食の食事相談」

詳しくはこちらから→


過去の開催講座(2016年)

離乳食講座「取り分け離乳食の料理教室」を行いました(2016.8.29)

「ケーキやビールの甘~い誘惑を断ち切るための5つの方法」セミナーを行いました(2016.7.20)

●出張個別相談(離乳食)に行きました(2016.7.19)

相談の様子はこちらから→

●離乳食講座「取り分け離乳食の料理講座」を行いました(2016.7.14)

講座の様子はこちらから→

●出張離乳食講座のご依頼で「ママの気持ちが楽になる!知りたい事が聞ける離乳食講座」を行いました(2016.7.13)

講座の様子はこちらから→

「ママのせいじゃない!赤ちゃん主体で考える、目からウロコの離乳食講座」を行いました(2016.6.7) 

講座の様子はこちらから→

「すぐ実践できる!安心できる食品の選び方講座」を行いました(2016.5.30)

離乳食講座「手づかみ食べのイロハ」を行いました(2016.5.23)

講座の様子はこちらから→

●離乳食講座「取り分け離乳食の料理講座」を行いました(2016.4.25)

講座の様子はこちらから→

「ママのせいじゃない!赤ちゃん主体で考える、目からウロコの離乳食講座」を行いました(2016.4.8)

講座の様子はこちらから→

●離乳食講座「取り分け離乳食の料理講座」を行いました(2016.3.30)

講座の様子はこちらから→

●離乳食講座「取り分け離乳食の料理講座」を行いました(2016.3.29)

講座の様子はこちらから→

●離乳食講座「手づかみ食べのイロハ」を行いました(2016.3.23)

講座の様子はこちらから→

●「栗山小夜子さん出張料理教室:ルーなしカレーとチキンボール」を行いました(2016.3.16)

講座の様子はこちらから→

●「すぐ実践できる!安心できる食品の選び方講座」を行いました(2016.3.11)

講座の様子はこちらから→

●離乳食講座「取り分け離乳食の料理講座」を行いました(2016.2.26)

講座の様子はこちらから→

●「ママのせいじゃない!赤ちゃん主体で考える、目からウロコの離乳食講座」を行いました(2016.2.16)

講座の様子はこちらから→

●「ケーキやビールの甘~い誘惑を断ち切るための5つの方法」を行いました(2016.2.5)

講座の様子はこちらから→

●「すぐ実践できる!安心できる食品の選び方講座」を行いました(2016.1.27)

講座の様子はこちらから→

●離乳食講座「手づかみ食べのイロハ」 を行いました(2016.1.21)

講座の様子はこちらから→

●離乳食講座「手づかみ食べのイロハ」 を行いました(2016.1.15)

講座の様子はこちらから→

●「ママのせいじゃない!赤ちゃん主体で考える、目からウロコの離乳食講座」を行いました(2016.1.8)

講座の様子はこちらから→

●「シェアリングナビ.com」にコラムを投稿させて頂きました(2015.12.24)

記事はこちらから→

●スマイルママ食育講座「目からウロコの離乳食・幼児食講座」に出演しました(2015.11.6/11.27)

(基礎編)講座の様子はこちらから→  (実践編)講座の様子はこちらから→

●「ママの気持ちが楽になる、知りたいことが聞ける離乳食講座」のご依頼を頂きました(2015.25)

講座の様子はこちらから→


栄養カウンセリング



管理栄養士 ふじいくみこのコンセプト

「病は気から、気は食から」

 

悩みや不満があると病気になりやすく、余計な心配をしないほうが病気にかかりにくい、と言われています。


「本当は別の物が食べたかったのに…」と思って食べると気分が落ち込みますが、「嬉しいなぁ、幸せだなぁ」と満足して食べると、例えジャンクフードであったとしても気持ちが満たされます。


心の持ちようが、食べ物の消化吸収にも影響します。


身体にいいものであれ、ジャンクフードであれ、その食事を満足して食べることができると、〇〇健康法に一喜一憂する必要はありません。               続きはこちら