コンセプト


〇〇健康法に踊らされていませんか?

現代は、みな健康ブーム。

書店に行けば、〇〇が身体にいい、これさえ食べれば健康になれる、というタイトルの本がずらっと並んでいます。

行き過ぎた健康志向で、どんどん不安になってしまう人もいます。

不安が募りすぎると、自ら病気を生み出しかねません。

特に女性は、いろんな情報に目移りしがちではありませんか?

そう思うと、何も考えずに、ビールを飲んで、揚げ物を食べ、ラーメンを食べて幸せそうな男性の方が、心は健康なのかも知れません。


こうしたいという思いがあって、こうするという行動がある。


この思いと行動が一致していないと、ストレスを生んでしまいます。

なので、周りの流行にとらわれず、自分はどうしたいのか?という自分軸をしっかり持つことが、健康への第一歩だと思います。

「身体にとって健康かどうか」と、「心にとって満足かどうか」

一般的に、食を考える時、それが身体にいいかどうかという基準で考えがちです。

栄養指導でも、目の前の対象者さんにとっての必要なカロリーや、今一番気をつけるべき栄養は何かを考えます。

例えば、骨のためにはカルシウム

便秘なら、食物繊維

高血圧なら、減塩

ダイエットなら、カロリー制限

パパのメタボ解消なら、揚げ物禁止

いくらでもありますね。


でも、ここで

「本当にそれを実行することに対して、満足しているかどうか」という点を考慮しているでしょうか?

普通は、していないと思います。

・身体にいいことは、実践すべきだ

・身体にいいことは、不満があっても取り入れるべきだ


これでは、その行動は不満が溜まって、長続きしません。

もしくは、ストレスが溜まって、別の病気を生み出してしまうかもしれません。


私は、「身体にとっていいかどうか」というのと同時に、「心が満足しているかどうか」いう視点で食をとらえる必要があると考えています。