身体の発達を重視した離乳食の進め方


●好き勝手に食べていても、病気が悪くならない人もいるのはなぜでしょうか?


あなたはどちらのタイプですか?

___________________________________


(A) どちらかというと、健康に気をつけている


(B) どちらかというと、好き勝手している

___________________________________


では、あなたの理想はどちらですか?

___________________________________


(1) 健康に気をつけて、長生きする


(2) 好き勝手して、ピンピンコロリと逝く

___________________________________


どちらの方もいると思いますが、どちらもOK


だって、価値観は人それぞれ^^


でも、実際には、この(1)と(2)以外に、まだ他にもあるんですよね…。

___________________________________


(3) 健康に気をつけてるのに、ピンピンコロリと逝く

⇒「なんで私が…?(驚)」


(4) 健康に気をつけてるのに、病気になって寝たきり生活になる

⇒「理不尽だなぁ(悲)」


(5) 好き勝手しているのに、長生きする

⇒「超ラッキー(喜)」


(6) 好き勝手していて、病気になって寝たきり生活になる

⇒「自業自得だな…(納得)」

___________________________________


この差はどこからくるのでしょうか??


私は、病院で栄養士をしていた時に、このことをよく考えていました。


もし、「食事に気をつければ、誰でも健康に長生きできる」のであれば、我々栄養士は、「身体に良い、老化を遅らせる食事について、正しく分かりやすく」伝えればいいと思います。


でも、実際にはそうでない患者さんもたくさんいらっしゃいました。


「どうしてこんな好き勝手な食事してるのに、病気が悪くならないんだろう…?」


「どうしてこんなにきっちりと食事制限をしているのに、病気がどんどん悪くなるんだろう?」


生身の人間は、教科書通りにはいかないんですね…。


じゃぁ、どうすれば、健康に生きられるのかな?


私は、「健康」を考える時に、「身体の健康」だけではなく、「心の健康」も忘れてはならないと思っています。