vol.015 野菜を食べなかったら、栄養がかたよるの?


●野菜を食べなかったら、栄養がかたよるの?


現在の離乳食の進め方をみると、つぶし粥(10倍粥)から始めて、次に野菜や芋、そして豆腐や白身魚と進めていく、と書かれています。


保健センターでもらった「離乳食の献立」に使われている野菜を見てみると、


緑黄色野菜…人参、かぼちゃ、


その他の野菜…大根、キャベツ、白菜、玉ねぎ




そして、葉っぱものは、青菜!



・ごっくん期(生後5・6カ月)


つぶし野菜…青菜の葉先を柔らかく茹でて細かく刻む



・モグモグ期(生後7・8カ月)


卵とじうどん、魚のくず煮の材料として青菜



・カミカミ期(生後9~11カ月

うどん、炒り豆腐の材料として青菜



・カチカチ期(1歳~1歳6カ月)


うどん、ごまあえの材料として青菜



など、提案されています。



皆さんのお子さんは、緑の野菜は、すんなりと食べてくれましたか?


わが家は、離乳期に小松菜を使うことはありましたが、そんなに好きこのんで食べていなかったです。


中には、緑物をよく食べる赤ちゃんもいるようですが…。


青菜は、比較的あくもないので、食べやすいとは思います。


食べないよりは、食べてくれたら嬉しいですね。



でも離乳食を開始した頃の悩みは、「単一の食材を食べない」というより


・離乳食自体を食べない


・形態や回数など、教科書通りに進まない


・食物アレルギーがある


・座って食べずに遊びだす


・ぐちゃぐちゃにほり投げて大変


などが多いと思います。



そして、ようやく食べるようになったと思うと、時は進んで、幼児の食事…。



この時期のママの悩みは、何でしょうか?


「うちの子、ピーマン(など野菜全般)を食べないんですが、どんな工夫をしたら食べてくれますか?」


このお悩み、とっても多いです。


細かく刻んで、ハンバーグに混ぜ込む!!


これ、みなさん、したことありませんか?


もちろん!私もしました(笑)


人参やたまねぎ、しいたけと一緒に混ぜて、はいどーぞ^^


経験談としては、野菜の割合が多すぎると、ばれて食べてくれませんね~。


野菜の量がそれほどでもなければ、食べていました。


母の策略を、すっかりお見通しのよう…。


無理やり食べさせることで、食べるのが嫌になったり、見るのも嫌になってしまう可能性もあるので、気をつけてくださいね。

(もし、平気で食べてくれたらラッキーです^^)


最近では、野菜嫌いの子どもに、野菜を食べさせるために、ほうれん草を茹でてペースト状にし、生地に混ぜ込んだドーナツや、パンケーキなどにするといいですよ、と提案してされたりしています。


私、ここまでするべきなのかなぁ?と思います。



●子どもが好きな野菜と嫌いな野菜、違いは何かな?


子どもは、いろんな食品があるなかで、ちゃんと優先順位を知って食べているのだそうです。


放っておいても、炭水化物や水分はきちんと摂ります。


例えば、とうもろこし、じゃがいも、えだまめ、さつまいも。


これらは、いも・穀類・豆がほとんどで、「成長に必要なカロリーが効率よくとれる食品」です。



逆に食べないのは、子どもの嫌いな野菜としてよく名前の挙がるのは、ピーマンやネギのような野菜です。


他にも、なす、しいたけ、水菜、オクラ。


これらは、緑色で香りの強いものばかり。



実は、この緑色というのは、自然界ではまだ未成熟のあかし、なのだそうです。


緑のうちは、虫や動物に食べられないよう少量の毒を持っていて、苦い物が多いのです。


つまり、「あくがあったり、においが強く、苦く、カロリーもあまりとれない食品」



そう考えると、子どもは生きるために、本能で選択しているんですね。


うちの子も、トウモロコシやさつまいもが大好きで、おやつとして食べています。


腹もちがいいし、自然な甘みがあるので、欲しくなるんでしょうね。


おやつにしいたけをねだられたことは、一度もありません…。



●ピーマン嫌い、野菜嫌いよりも、もっと親が注意すべきことは?


子どもは、砂糖と油たっぷりの甘あま~い食品が大好き!


こんなたとえ話があります。


1.食後に焼いもを出されても、そんなに食べれません。


2.でも、スイートポテトにしたら、食べれます。


3.これが、おさつチップになると、一袋でも食べれます。


これが、砂糖と油のマジックなんです。



自然な甘みは、そうそう量は食べれないのですが、このマジックにかかると、ものすごい量を食べてしまうんです。


だから、食後といえども、子どもにスナック菓子を袋ごと渡すのは、要注意!


途中までやめる、なんている抑制はできないものだ!と思っていた方がいいかも知れませんね。


子どもは大きくなる過程のどこかで、いずれ勝手に砂糖の味を覚えます。


お友達と駄菓子屋に行ったり、パーティーでケーキを食べたり…。


いずれは食べて、その美味しさに魅せられるんです。



では、それまでの間に


・ピーマンを食べさせたいから、ドーナツに練りこむ


のか


・ピーマンを食べなければ、無理してまで食べさせない


のか、みなさんはどちらを選びますか?



何が何でも、緑の野菜を食べさせないと!!と、必死になってるママさん、


子どもが食べない理由も少し考えてみて下さいね。