vol.019 豆腐といちごを組み合わせた離乳食って


●豆腐といちごを組み合わせた離乳食って…。


「私のレシピ集には、これどうなの??っていう組み合わせが結構あるんです。これ、作った方がいいんでしょうか?

例えば、豆腐といちごとか…」


んん~。


これ、大人は食べますか?


女子のヘルシースイーツならともかく、食事にはしませんよね。


「私たちは日本人なので、大人が普通に食べる食材の組み合わせから選ぶべきですよね…。


奇抜な料理だったら、もし赤ちゃんが食べ残しても、ママ、食べたくないですよね~^^;」


先日の離乳食講座では、こんな話題で盛り上がりました。


参加された皆さまの感想をご紹介しますね。

___________________________________


・食べムラがあり、食事に時間がかかるし、立って食べるのが困っていました。

講座を受けて、教科書通りにメニューを変えたり、レパートリーを増やしたり、考え過ぎなくていいんだと分かってよかったです。(Yさん)


・これからの離乳食の進め方に困っていましたが、離乳食に対するむずかしいイメージがやわらぎました。(Tさん)


・やっていることが正しいのか、これでいいのかな?と思っていました。

食べる量が分からないけど、離乳食は「食べる準備」と思うと、考え方が変わりました。

焦らず、私たちのペースで進めていこうと思いました。(Hさん)


・離乳食で栄養を摂るのではなく、食べることの練習と聞き、離乳食を始める不安がなくなりました。

いろいろな方の体験談が役に立ちました。(Tさん)

___________________________________


ありがとうございます^^


いろんな疑問質問を聞きましたが、ママ達は、


・そんなに料理が得意ではないので、ワンパターンになってしまう


・何を作ればいいの??


という、「食べる内容」に関すること


それと、


・マニュアル通りにいかないけど、どうしたらいいの?


という、「マニュアル通りにいかない不安」に関すること


の悩みがほとんどでした。


一人目育児のママさんの多くは、離乳食の知識がないから、まず1冊離乳食の本を買うと思います。


そして、


「こんな風に、離乳食は作って進めていくのが普通なんだ」


「こんなにたくさんレシピがあるってことは、いろいろレパートリーを増やしていくものなんだ」


と、離乳食の内容について、自分なりの「基準」ができてしまいます。


離乳食のレシピ本には、「少しでもいろんなものを食べさせてあげられるために、いろんなアレンジができますよ!」という著者の思いがあるのはとってもよく分かるんですが、それで混乱するママが多いのも事実。


本の通り作るのに、食べてくれない。


味が嫌だったのかな?と、また別のメニューを作ってみると、一口で拒否される。


あれ??


この時期は、これくらいの食材を食べさせなきゃいけないのに、食べてくれない。


どうしたらいいの?


私の作り方がいけないの?


私のレパートリーが少ないから、あきてしまったのかな?


と、どんどんとしんどくなってしまうのが、多くのママの姿だと思います。


「〇〇しなきゃ!!」ってがんじがらめにならないでほしい!!


「〇〇させられないのは、私が悪いのかな…」なんてつらい気持ちになる離乳食はもうおさらばしてほしい!!


という思いで、お話させてもらいました。


ママたちの疑問質問の数は、裏を返せば、わが子へのあつい思いの数。


「思い」が「重い」にならないように、肩の荷を抜いて、これからの離乳食期を楽しんで下さいね。


今回の講座の様子は、写真入りでこちらで紹介しています。


http://ameblo.jp/openmind2525/entry-11978110137.html


こんな離乳食の話が聞きたい!という方のために、個別の出張講座をしています。